職場のライバル:同期との格差が気になって仕方ない

会社員(30代男性)

昨年末に異動してきた同期が、仕事もできて性格もよく、おまけに気配り上手でさっそく部署のムードメーカーになりました。最近その同期が、僕が地道に準備をしてきたプロジェクトに大抜擢されて、横取りされた気分です。

 

オフでも、共通の趣味を通じて部長や幹部にも受けがよく、その趣味つながりが仕事に結びついたんじゃないかと陰口をいう人もいます。正直僕も疑ってしまいます。実力は僕のほうがあると自負しています。モヤモヤしてしょうがありません。

キャプテン

あなたの描写からすると、その同期の方は仕事もできて性格もよく、おまけに気配り上手で、オフでも、共通の趣味を通じて部長や幹部とも交流されているようですね。実際の「実力」なるものがどうかはわかりませんが、あなたの描写だけ見ると、「そりゃ周りはその同期に頼むわな」という感じがします。だって、話する機会が多いですからね。しかも仕事ができて性格も良い。

 

そもそも、一般的には実力だけで仕事の割り振りが決まるわけではありません

 

上司の方は、新しく同期の方に仕事を与えて、実力を比べてみたいと思っているかもしれませんし、成長を促すために任せたいと考える可能性もありますね。人によっては「プライベートでもかまってくれる可愛い部下」に委ねたいと思うかもしれません。そう、判断基準は複合的なんです

 

だから、測定も難しいし、仕事を割り振るための評価になる「実力」があるないとかいうことにこだわるよりも、自分がどうしたら欲しい仕事を取れるようになるのかを考えてみてはどうですか?

わっきー

まずお伝えしたいことは、仕事の進め方は人それぞれ。仕事への向き合い方も、それぞれ個性があって、これが「正解」なんてものは無いと思います。あなた自身に合ったやり方で進めるのか、それとも成果を重視して少しくらいはあなたのやり方を変えるのか、それも大切な判断だと思います。

 

ご自身でもおっしゃっているように、新しく配属になった同期の方は「仕事ができる」のですよね。その上で、いままで取り組んでいたプロジェクトにも抜擢された。この状況を考えるなら、抜擢した上司の視点からは「あなたの同期の方に任せてみたい」という判断があったのだと思います。

 

あなた自身のおっしゃっている「実力」と、上司が評価している「実力」にはズレがあるのかも知れませんね。例えば、タスク遂行能力だけを実力と捉えるか、それ以外にも他のメンバーを巻き込む力とか、コミュニケーション能力とか、他の要素も含めて「実力」と捉えるか。

 

このように考えると、正直、「実力は僕のほうがあると自負」していてもあまり意味はないと思います。上司の目から見れば、素直に自分よりも同期の方が、新しいプロジェクトを任せるのに適任だ、という判断がなされた、という現実を受け止めることが大切なのだと思います。

 

もちろん、上司だって完ぺきではありません。目が狂っているかもしれませんし。でも、少なくとも、上司の判断は、こういう結果だった、ということを踏まえて、この後、どういったアクションを取るか?が大切だと思います。

 

私自身は、仕事の付き合いで飲みに行ったり、週末に上司に会ったり、、、なんてイヤでずっと避けてきたタイプですが、それをする同期がいて上司に好かれているとしてもそれはその同期のスタイルだし、否定するわけでも肯定するわけでもなく、ひとつの手段だとフラットに思います。

 

どのようにしたら、ご自身が納得いく形で、上司に評価してもらえるか、はたまた上司の評価なんてかんけーねーと振り切ってしまうか(笑)

 

とは言え、ご質問の内容からすると、上司や周りの評価も大事にされているようですので、なぜ自己評価と(同期を抜擢した)上司の評価が異なっているのか、あれこれ思いを巡らせるよりも、ストレートに上司に聞いてみてはいかがでしょうか?

 

お悩み相談受付中

職場での仕事の悩みや人間関係、みなさんのお悩みに海賊ライフのメンバーがお答えします!
 この記事に関連するコラム、相談はこちら!
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!