皆さんこんにちは。キャプテン江尻です。

 

海外ビジネスを手がけて30年の私、本当にたくさんの国を訪問させていただく機会がありました。最近でこそ、アジアべったりで、長距離フライトとは縁が遠くなっておりましたが、昔はアメリカ、ヨーロッパとあっちゃこっちゃ飛び回っておりました。

 

しかーし、そんな私もまだ足を踏み入れたことのない大陸があります。そう、アフリカです。

 

今回は機会があって、そのアフリカ大陸の北、スペインとは目と鼻の先、『アラビアのロレンス』という映画でも有名なモロッコへ2週間ほど旅をしてきました。

 

何をしに行ったか??

 

最大の目的は、遊びではない!

 

そう、モロッコでこの人を知らなければモグリ! というくらいモロッコに根を下ろし、モロッコを愛していらっしゃる和田麻弥さんが、ワルザザードという砂漠の玄関にある街に近々開業を予定されているホテルの内装のお掃除に行ってまいりました!

 

麻弥さんは、モロッコ在住30年、マラケシュのスークを歩けば、「Hey- Maya !! &*(%#$?^(アラビア語&フランス語&ベルベル語のミックス)」でとあちこちから声をかけられるほど、現地に溶け込んでいらっしゃっていて、フランス語、アラビア語、ベルベル語を使いこなし、現地に根を張って観光など様々な事業を手がけていらっしゃいます。そう、モロッコの女海賊ですな!

 

モロッコに着いて最初の食事はカタツムリスープ。そのカタツムリを食してご満悦の麻弥さん

 

そんな彼女がワルザザードに建設中のカスバ(砂漠の砦)のような高級ホテルの壁や窓の掃除を担うのは、繊細な日本人でなければ任せられない!からです。壁に飛んだ塗料剥がし、窓枠からはみ出てガラスにこびりついたニス剥がし、土壁についたホコリや蜘蛛の巣払い、など、お手伝いをしてまいりました。

 

掃除とホテルの様子はこちら

 

毎日、朝は素晴らしい空気を吸い、アフリカの大地を眺めながら瞑想し、昼間はお掃除、夜は星空をながめつつ……麻弥さんの小学生の息子さんとNINTENDO Switchのフランス語版のゲームをで遊ぶという異次元体験をしてまいりました。私はどうも『桃太郎電鉄』のキングボンビーに似ているらしく、ずーっとキングボンビー扱いされてました。

 

麻弥さん宅のベランダからの夕日

 

モロッコ人の紹介は次へ!

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!