新しいコミュニティやパーティで人に会うのが苦手。このまま狭い世界に閉じているのもよくないし、どうしたら?
ニックネーム◆ト音記号 20代女性 公務員
人に会うのが苦手です。数少ない友人と遊ぶのは楽しいのですが、新しいコミュニティに顔を出したり、パーティなどで話をするのが好きではありません。海賊ライフを見ているとどんどん外に世界を広げていかなくちゃ、と思いはするのですが、どうにもやりにくくて…このまま狭い世界に閉じているのもよくないと思うし。どうしたらよいでしょうか?
◆回答:キャプテン

ご相談ありがとうございます。
かくいう僕も、中学校くらいまでは内気で奥手、人との交流は苦手でした。正直、いまでも「一人になりたい」ときはあるし、いまだにパーティーとかで知らない人に声をかけるのはちょっと億劫なんだよね。

 

その気持ちの奥底には、
- めんどうくさい
- コミュニティの中で自分の居場所がなさそう(自信がない)
- 一人でやっていけるから、他人と付き合う必要はない
- コミュニティの中で傷つくのが怖い

 

みたいな感じがあるんだと思う。あなたはどうだろう?

 

なぜ、それでも僕は新しい人たちに出会い続けているかというと、他の人から知らない世界を「教えてもらえる」から。知らない世界を「教えてもらう」ことで、知らない人との交流はとても「面白い」ものになる。いわば、僕は人と出会うことで知識欲を満たしているのかもしれない。ただ知識だけでなく、他人から感動や激励、さらに「僕を僕として」認めてもらえることもあるんだよね。

 

そして、それらは「めんどうくさい」という思いを超えたメリットに満ちあふれている。

 

僕はたまたま「知識欲」が満たされているだけの話で、あなたにそれが当てはまるかどうかはわからない。ぶっちゃけ、無理やり社交的になる必要なんてないし、知らない人と出会い続ける必要なんてないよ。あなたの「なにか」を満たすための手段として必要だったらやればいいだけ。

 

「世界を広げたい!」という思いの奥底には「見識を深めたい」という願いがあるんじゃないかな? そんな気持ちで人と関わってみると、すこし感じ方が変わるかもしれないね。本来は内気で人との交流が苦手だった僕が言うんだから、そこは保証するよ。

 

もっというと、あなたは「狭い世界」と言っているけれども、何かと比べて狭いと言っているのか……? もしかすると比較することではないかもしれない。狭くても深い世界もあるよね。そこは自信をもって「自分基準」でいいと思う。

 

人と関わらなければならない! という「ねばならない」は捨てて、改めて「楽しいかどうか?」で判断したらいいと思うよ。

 

 

海賊ライフへようこそ!!

 

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!

精神的独立 

海賊は何に従う?  海賊はどう動く? 
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!