誰のために働くのか
皆さんこんにちは、ランタンです。なんだか春めいてきましたね! 梅の花がいい香りです。
 
1月末に、にとってとても大事なプロジェクトの成果発表会がありました。今勤めているIT企業で立ち上げた社会起業家を支援するプロボノプログラムのデモデイで、約1年間にわたる活動の集大成です。今日はこのプログラムを通じて「誰のために働くのか」について考えたので、お話しします。
 
なぜ、仕事と全く関係のないこのプログラムをなぜはじめたのか? 最初は極めて個人的な動機でした。私自身、途上国支援をずっとやりたいと思いつつそういったキャリアを歩めていなかったので、今の仕事環境をあまり変えずにソーシャルセクターにキャリアを寄せていきたいなと思い、プログラム構想を練って会社に提案したのがそもそもの成り立ちです。
 
そんな個人の思いつきのようなプログラムだったので、仲間集めのため友人に声を掛けたときは「何言ってるんだろう」「めんどくさい人だな」と思われるんじゃないかと不安だったし、全社に向けて発信したときもどれほどの人が集まってくれるのか心配でした。妙なプライドもあって「周りからどう見られているんだろう」「怪しいって思われてるのじゃないか」とも危惧しましたし、実際に過去仕事をした人からは「そういう(くだらないことをする)人になっちゃったんだね」と笑われて落ち込んだりもしました。
 
最初は本当に小さな動きでしたが、幸いにも初めに声を掛けた人たちが心から共感してくれたため素晴らしいチームを作ることができ、会社の理解も得られて、いつの間にか人が集まり、最終的には80名もの社員が参加してくれました。
ちゃんと人が集まるかドキドキしていたデモデイも目標集客人数を達成し大盛況。情熱的な起業家・社員による合同プレゼン、笑いの絶えないパネルディスカッション、活気あふれるブースと、ご参加いただいた方に「来てよかった!」と言ってもらえる素晴らしいイベントにできました。
 
採択させていただいた社会起業家の方々全員にとても喜んでもらえましたし、協働チームメンバーも「大変だったけど楽しかった!」と顔を輝かせて言ってくれたのが印象的でした。何より一緒に走り切ってくれた事務局のメンバーはかけがえのない存在で、上下関係も給料も発生しない中、ひたすらにコミットしてくれたことは驚嘆と感謝しかありません。
 
もちろん簡単だったわけじゃありません。プログラムの途中、なかなか協働がうまくいかず、起業家の方からお叱りを受けたり、数字に見える結果が出なさそうだと思い、焦って協働チームを問い詰めたことも。何のためにやってるんだろう、と思ったことも何度かあります。もはや「自分のキャリアが…」という理由でモチベーションを維持するのは困難でした。それでも「自分は、仲間がワイワイ楽しんで、その結果として社会がもっとよくなる」ことがしたいと思い、そこに何度か立ち返ることでなんとか前に進めていくことができました。
 
デモデイの翌日、関わってくれた皆からもらった色紙を読んで涙が止まりませんでした。皆何かしらこのプロジェクトに意味を見出してくれ、楽しんでくれたことに安心し、喜びを感じました。
 
今、この活動をしていることを笑われても、少しも恥ずかしいとは思いません。多くの人の笑顔を創り出すことができたことに誇りを持っていますし、自分自身もとても楽しかったからです。自分のために始めたことが、いつの間にか仲間を得てパワーアップし、多くの人に価値を感じてもらうことができました。これまで当たり前だと思っていた、上司にやれと言われてチームメンバーの心身を削りながら結果を出していく仕事とは全く異なる、充実感がありました。逆に私のやっていることを「くだらない」「お金にならない」と言う人に問いたいと思います。あなたの仕事は何人の笑顔を創り出しているの? と。
 
悟ったように言っていますが、私もまだまだ「誰のために働くのか」ということがよくわかっていません。先日も社長室への(不本意な)異動を内示され、上司も止めてくれず「なぜどこの部署のどこの偉い人も私を引っ張ってくれないんだろう…」と「必要とされない自分」を嘆きました。(今思えば社長室から人を引き抜くのはなかなか勇気要りますよね。笑)
 
誰かに必要とされたい、というのは人として当たり前の感情だと思います。でも、漠然と必要とされたい欲求を満たしているだけだと、結局「会社」というよく顔の見えない存在に使役されるだけ。一度自分が意志を持って何かを成し遂げようとすると、人に言われた通りに仕事をこなすだけの日々に耐えるのは苦痛です。自分が「必要だし必要とされたい、貢献したい」と思える人が誰なのか。誰を笑顔にしたくて、世の中にどういう影響を与えたくて、日々頑張るのか。ここをしっかりと見つめなおすと、仕事に張り合いがでてくるかもしれません。
 
海賊の皆さんは誰のために働いていますか? 是非教えてください!

 

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!

精神的独立 

海賊は何に従う?  海賊の本気って? 
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!