一人っ子の初孫がお金の価値を知らず成長しそうで心配。嫁の教育方針に口出ししたくはないが、どうしたら?
ニックネーム◆スノボ好き 60代男性 会社員
孫にきちんとお金の価値を伝えたいですが、どうしたらいいでしょうか? 4歳になる孫がいますが、初孫で一人っ子でもあり、なんでも買ってと言えば買ってもらえる環境で育っています。このままだとお金の価値をわからないまま成長してしまいそうで心配です。かといってあまり嫁の教育方針に口を出したくもなく。どうしたらいいでしょうか?
◆回答:キャプテン

お孫さんですか。きっとかわいいんだろうな〜
僕は育児のときに仕事も忙しくて十分な時間を子供に割けなかったり、そもそも親になった自分がまだまだ人として成熟していなかったりして、子供に教育するというよりは、子供から学ぶことのほうが多かったかもしれません。でも、孫となるとまた別なのかな?

 

とはいえ、4歳の子供はまだまだ社会の常識とか大人の常識に染まらずに、自由な状態にあるんでしょうから、接し方はとても大切。

 

いまのお孫さんは、お金に対する知識もなければ、恐怖もなく、全くお金に縛られていない状態なんだと思います。

 

「ほしい!」って思ったら「買って!」と言えば、親が手に入れてくれる。そこにお金が介在しているとは思っていないかも。

 

だとすると、お金の価値を教えるってちょっと違いませんかね?

 

60年生きてきたあなたの常識と、これから人生を歩んでいく4歳の子のお金に対する常識は、これまた少し変わってくるんじゃないでしょうか? つまり、あなたの「お金」に対する考え方はこれからも正しいと言い切れますか?

 

そもそも、お金って「交換手段」にすぎないので、時代や個人によっても考え方は違ってくると思うんです。そうなると、あなたの教えは意味がないかもしれない。

 

そう、いまお孫さんに必要なのは、「お金」に対する教育ではなくて、「欲しい」という欲求をどう扱うのかーー

「欲しい」という欲求をどう扱うのか
なんで欲しいの?
どうやったら手に入るの?
手に入ったらどうなるの?

 

そこで、肩たたきや掃除など、お手伝いをお願いしてみる。うまくできたら、お孫さんにお礼の言葉やささやかなごほうびをあげてもいい。そんな形で「交換」の概念を伝えられたらいいよね。

 

なんでもすぐに買ってもらえると、すぐに飽きちゃうってこともあるかもしれない。なので、欲しいものがあったら、我慢せずにどうやって手に入れるかを徹底的に考えさせてみてもいいかも。

 

たとえば、
壊れたから新しいおもちゃがほしい? ちょっと待って、一緒に直してみよう。
キャラクターものの飛行機がほしい? でもすぐには買えないよね、一緒に飛行機(紙ヒコーキでもなんでもいいんです)を作ってみたらどうだろう。

 

何かを一緒に考えてみる、そして一緒に作るという行為を通じて、「手に入れるために、まずは自分の手を動かしてみる」ってことが伝わると素晴らしいよね。

 

自分で作ったものなら、大事にしようって思えるかもしれない。
買ってもらうよりも、すてきな「経験」が残るかもしれない……。

 

そんなふうに接してみてはどうかな? 4歳でも、きちんと対等に扱えば、わかってくれそうだけどな〜。

 

意外と、「おじいちゃん、なんで我慢ばっかりしてるの? 欲しいものは手に入れなよ!」と啓発されちゃうかもしれないし、「おじいちゃん、ほら見て!」なーんて、あなたが想像もしていなかったようなものを作ってくれるかもしれませんよ。

 

ものの大切さや、お金の持つ「交換」のルールを、おじいさんならではの立場で手ほどき(躾)してあげれば、お嫁さんには感謝されこそすれ、嫌われることはないでしょう。あ! もしかしたら、お嫁さんは「あなたが買ってくれる」ことを期待していて、「おじいちゃんケチねー」って思われちゃうかもしれないけどね(笑)。

 

海賊ライフへようこそ!

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします!

 

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!

海賊で生きる魅力? 

海賊はどう動く?  海賊の稼ぎとは?  今なぜ海賊ライフ? 
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!