完璧じゃなくていいの

こんにちは、年の瀬が近づいてまいりましたね。みなさま忘年会シーズン到来でしょうか? なぜか忘年会と入力すると、暴年会と変換されてしまうルビーです(笑)。

 

先日、中国は広東省の深センに行ってきました。半分仕事、半分遊びです。深センといえば、世界最大の電気街だとか中国のシリコンバレーだとか言われて、近年、熱い視線が注がれる都市ですが、またもやすごいものを見させてもらいました。まずはご覧くださいませ!

 

知らない人が見たら、「プロジェクションマッピング、すごーい!」と思うでしょう。でもこれ、全部LEDなんです。30棟を超える高層ビルの外壁にLEDビジョンが設置されているんだそうです。総額30億、1回20分ほどのショーの電気代はおよそ1万5千円。中国の改革開放40周年を記念して作られているので、随所プロパガンダ風の映像や文言が差し込まれますが、このスケール感には圧倒されました。深センは訪れるたびに可能性が増幅していて、ブレードランナーのような近未来にも手に届きそうです。

 

初日からそんな洗礼を受けた今回の滞在は、異業種どころか、日本語、中国語(広東&北京)、英語が入り混じった人種のるつぼの集まりがあったり、なかなか普段会えないタイプの人にも会えたり、刺激たっぷりの濃い時間を過ごしました。

 

その集まりで……もともとアジアを拠点に活動しているツカサさん(仮名)が、これまた異彩を放っていました。

 

彼が英語を話すとき、発音は二の次ですが、AはB、BはC、だからAはC、というようにシンプルに話していて、非常にわかりやすい。おそらくプレゼンで場慣れしているのでしょう。文法はともかく、言いたいことはわかる。

 

問題は中国語のほうです。習い始めて日が浅いと聞いてはいましたが、しゃべり始めると、衝撃を受けました。サッパリわからない……。声調はまるでなくて、一本調子なのです。相手(中国人)に通じているのか? 心配になり脇で見ていると、なんとか会話が成立しているではありませんか!

 

なぜだ? 四声やピンインも完全に無視してるぞ? なぜ通じるんだ?

 

おまけに、相槌をうつように「「对!对!对!」と連呼でたたみかけていきます。もうこれは、語学センスとかいう以前に、全身からみなぎる「通じさせる!」という力技にほかならない。元来パワフルな方ですが、このコミュニケーション能力(と言ってもいいのだろうか?)は半端ない。じゃあ、日常のもっと微妙なニュアンスも伝えられるのか? と聞かれたら、きっとできないだろうと思いますが、そんなのきっと誰も気にしない。

 

そこではたと、中国語の先生に言われたことを思い出しました。

「あなたにとって中国語は外国語なんだから、できなくてあたりまえ。完璧じゃなくていいの」

 

完璧じゃないと通じないんじゃないかな?
文法どおりじゃないと伝わらないんじゃないかな?
ああ、また言いたいことの半分も言えなかった……。

 

いつも相手に「どう思われるか」と頭で考えてばかりいると、語学って上達しませんよね。語学のみならず、なんでもそうなのかもしれません。

 

人の目は気にしない。思っているほど、他人は気にしちゃいませんから。

 

てなところで、今回のコラムは、深センすげー! っていう話ではなくて、海外でコミュニケーション能力を研ぎ澄ますのは、恥も外聞もなく、ことばを使い倒す! すなわち、「どう思われるか」を捨て去ることーー我を忘れる勢いで、なりふり構わず、気取りを捨てて、自分をむき出しにして、無節操なほどに突き進め、というオチでございました。とはいえ、自棄を起こさない程度にね。ついでに、お酒もほどほどにね(自分に言っています)。

 

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします!

 

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!

海賊は何に従う? 

海賊はどう動く? 
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!