こんにちは、ルビーです。先日めでたく、本サイトの1周年を迎えました(パチパチパチ)! なんと「海賊図鑑」も、先日10人目の海賊をご紹介したばかり。十人十色とはまさにこのこと。1周年を記念して、取材をふり返りながら、総まくりといきます。まず前編は取材秘話も含めて、5人の海賊の横顔を見ていきましょう。

「世界を平和にする!」を貫く海賊は、 計画性があるようでない、行動しながら考える人

栄えあるひとり目は脇坂さん。すでに中学のころから「世界平和」を意識していたなんて、いったい何者なの? その心意気を貫いて「いま」の仕事につなげている。このブレない芯はいったいどんな風に培われてきたのか? 根ほり葉ほりお聞きしました。「いまこの瞬間、やりたいってことはいつもあるんです」と言いながら、「やり直したいことはないんです」と言い切る清々しさは、半端なかったです。ハキハキした口ぶりに反して、はにかんだような笑顔が印象的。いまごろカンボジアの空の下でも、きっとワクワクとドキドキが止まらないのでしょう。

「人の価値観を揺さぶりたい」と奔走する海賊は、違和感に敏感な吟遊詩人

次は現役の大学院生でもある須田さん。自動運転のサイトの編集長も務める若手ホープに、同じく編集稼業のワタクシも、「違和感は自分の直感がセンシティブに感じとれる場面。普段見えてこない自分の本心とか深い欲望のようなものが認識できる良い機会」なんて含蓄のある発言に圧倒されまくり。「人の価値観を揺さぶりたい」と生き生きした表情でおっしゃっていた姿が忘れられません。今後は、しばしペンをちがうものに持ちかえて、価値観を「揺さぶり続けて」いくのでしょう。

資産運用を見極める海賊は、ファイナンシャルプ「ランナー」

三人目は、海賊ファイナンシャルプランナーの白鳥さん。タイトルは趣味のマラソンにあやかって「プランナー」と掲げさせていただきました……が、それは氷山の一角にすぎなかった! フラメンコにも魅了され、独自の世界観をもって、海賊ライフのコアな考え方にもある「経済的自立」に欠かせないエッセンスをたくさんお話しいただきました。お金のプロが見据えるのは、ずばり「お金からの解放」でした。お金を超えた、ライフバリュープランナーの眼差しはあたたかく、わたしも一度プロに相談してみようかなって思いました。

現場でやっていることは、生きていくベクトルにつながっていく! 山の海賊は「麦わらのルフィ」

そして四人目からは、上山集楽シリーズに突入です。上山の旗振り役、西山カッチさんの登場。海賊ライフも取材で岡山へビューンとひとっ飛び。いやぁ、近いよ岡山。なんだろう……もう農村とか限界集落に抱いていた固定概念がゲシュタルト崩壊しました。農業を変える、「本気」を垣間見ました。カッチさんのカリスマ性があまりにも自然体すぎて、衝撃かつ笑撃的な取材だったこともまた一興。すっかり上山集楽の大ファンです。山の海賊「ルフィ」が見据える「ひとつなぎの大秘宝」は、きっと「人財」にちがいないと思うほど、ご縁のつなぐ大切さもまた身にしみた次第です。

上山の女海賊は、想定外のチャレンジにいつでもフルスイング

山集楽シリーズ第2弾は、キャプテンとも前職で旧知&窮地の仲という井上ひさみんさん。初の女海賊の紹介です。バリキャリのキャリア転向としても、とても興味深い取材でした。「田舎で暮らす」イメージを破壊する! というメガトン級のパワーに、圧倒されるどころか、逆にエネルギーチャージさせていただきました。お忙しいなか、集楽を案内していただいたり、温泉までご一緒させてもらい裸のおつきあいも(照)。上山集楽に集まる人々は「何かを実現するために来ている」と断言する井上さん、今日もまたフルスイングでかっ飛ばしているにちがいない。

 

さてさて、駆け足でふり返ってきましたが、続きは後編で!

 
 

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします!

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!