大好評(?)働き方シリーズもついに第四回。前回に引き続き今回もちょっと耳慣れない「ソーシャル出世」をご紹介します。この言葉は株式会社CORESCO代表取締役の古森剛氏が提唱。詳細はこちらを読んでもらえればと思いますが、まとめると:

・出世は「会社における昇進」とは限らない。究極的には「広く人に認められること」。

・今後「個人としてどれだけの付加価値を生めるか」が評価されるようになる。機械で代替できる人材、会社のブランドを借りている人材は淘汰される。

・ソーシャルメディアの浸透により、個人の能力が正当に評価される土壌ができてきた。

・個人の活動が伝わりやすくなったため「本当に価値のあること」にお金や支援が集まる世の中になる。クラウドファンディングはその一例。

・自分の「こうしたい」に正直にキャリアを構築し、その責任も取っていくことで、本当に自由になれる。

うーん、これもまさに海賊ですね。

 

ところでこの「ソーシャル出世」の「ソーシャル」にはどのような意味が込められているのでしょうか。個人としての認知を拡大するツールとしての「ソーシャル」メディア、社会的に価値のある事業という意味での「ソーシャル」ビジネス、会社以外の、個人として認められ帰属する共同体である「ソーシャル」コミュニティ…様々な読み取り方ができそうです。色んな切り口がありますが、今回はソーシャルビジネスとソーシャルコミュニティを組み合わせて、プロボノ活動をしている方に突撃インタビューしてみました!

 

- 現在の本業とプロボノ活動について簡単に教えてください。

外資系のコンサルティング会社に勤めています。いわゆるESG(Environmental, Social, Governance)関連の部署で、大企業による社会課題解決をサポートしています。同時に中間支援系のNPOに所属し、パートナーとしてプロボノ活動をしています。これまで2つ、社会課題の解決を志すベンチャー企業やNPO、いわゆるソーシャルベンチャーを支援してきました。

 

- 大企業に勤めながらもプロボノをやる理由は何でしょうか? 何がモチベーションですか?

プロボノ自体はもう10年以上色々なNGOでやっていて、本業では取り組みにくい、社会課題の解決に貢献したいと思ってやってきました。数年前に今の仕事に移って、本業でもコンサルとして社会課題の解決に取り組むことになり、今の中間支援団体でのプロボノを始めました。中間支援団体でのプロボノは、ある意味、NGOへのコンサルに近く、本業との親和性が高いので、本業とプロボノの相乗効果を期待したからです。プロボノのおもしろさは、大企業とは全く違うダイナミクスで物事が動くことだと思っています。大企業は動きが慎重で、意思決定までに時間がかかります。その代わり、何かやったときのインパクトは大きい。一方でソーシャルベンチャーは、自分の発言がすぐに組織に取り入れられて影響が及ぶのが目に見えてわかります。それぞれに醍醐味がありおもしろいので、継続するモチベーションになっています。

 

- プロボノをしてあなた自身「個人」としての評価がどのように変わったと感じますか?

実はあまり会社にはプロボノの話はしていないので、会社内での評価は変わらずです。ソーシャルのコミュニティの中ではどうだろう…ある程度は価値を発揮できているが、まだまだこれからだなと思います。これからまた新規のNPOを支援するのですが、取り組まれている課題が『自分ごと』として捉えられ、かつ代表の方も素晴らしいので、もっと頑張りたいなと思っています。そうそう、いわゆる自己評価はあがりました。忙しいけれど充実した日々を過ごせているので、満足感は高いです。

 

- 会社以外のコミュニティに所属することの楽しさと難しさを教えてください。

これは表裏一体なのですが、自分がいつも接しているタイプではない人たちとの交流が、楽しくもあり、難しくもあります。やはり同じ会社だと使っている言葉も一緒だし、コミュニケーションが楽ですよね。ソーシャルセクターの方はバックグラウンドの異なる人たちの集まりなので、価値観も異なり、一つの判断をするのに時間がかかります。

 

- ソーシャルメディアが、個人の活動や、プロボノ先の事業に与えるインパクトをどう感じていますか?

実は私は個人的にあまりソーシャルメディアを使ってセルフブランディングをしていないんですよ。今は自分の興味のある記事とかをフェイスブックでシェアするくらい。評価されたいわけではなくて、自分が満足しているから、外に発信しなくてもいいと思っているのかな。もちろん、社会起業家の方とかを拝見すると、すごく上手にソーシャルメディアを使ってインパクトを引き起こしているのを目の当たりにするので、ポテンシャルは高いと思います。

 

- 10年後、どのような自分になっていたいですか?

社会に対して価値を出せていると、もっと実感したいです。本業、プロボノ活動問わず、自信を持って社会に貢献できている、と言えるようになりたい。あとは、周りをもっと効果的に巻き込めているといいなと思います。

 

いかがですか? ちょっと外に目を向けるとこんな豊かな世界が広がっているんだなと驚きますね。会社で認められて出世するのももちろん嬉しいけれど、それとは違う形で個人としての価値を発揮し、人に認められるのも幸せかも。あなたも自分らしい「出世」の形を探して、大海原を旅してみてください!

 

さて、いよいよ次回は総括。海賊的働き方をまるごとおさらいします!

 

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします!

 

 この記事に関連する海賊ライフの考え方はこちら!

時空間的自由 

海賊は何に従う? 

海賊はどう動く?  今なぜ海賊ライフ? 
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!