台湾での旧正月は、砂時計の砂が落ちるようにあっという間に過ぎていく。日本へ帰る前の日(2月18日)は朝から素晴らしい天気! 半袖にちょいとパーカー羽織るくらいで全然オッケー。

「こりゃ、バイクに乗るしかないでしょ!」と勢い思い立ったが、いやいや、食い過ぎたから散歩だ。元キックボクシングチャンピオンの友人も「原始的な生活」推しで、人間は昔の狩猟民族のように生きるのがいいと言っていたのを思い出す。そうだ、今年は積極的に歩くんだ。さっそく歩いて山をくだり、近所の廟に初詣へ。

承福宮は1階に土地公(土地の神様)、2階には媽祖(道教の女神)が祀られている。しっかりと中国語で願いをとなえ、晴れやかな気持ち。初詣というのは気持ちが引き締まるっていうか、襟が正されるような気がするよね。

帰りは来た道を登って家まで戻り、ちょうど昼飯の時間。うー、天気いいぞ。やっぱり、バイク乗りたい! 昼メシも食いたい! そうだ、基隆の廟口に行こう! あそこは、うまいもんはなんでもありの台湾の胃袋。ちょろっとバイクにも乗れるじゃないか。そうと決まったら原チャリでタンデムして基隆の廟口へGO〜!

基隆の廟口は夜市で有名だ。普段は夜しか行かないが、さすがに正月ともなると昼間も大混雑。人混みは嫌いだが、なんとか根性で分け入り、しっかりと魯肉飯(ルーロー飯)、炒豬肝(豚レバー炒め)、赤肉湯(豚の赤身のスープ)にありつく。いやー、旨い‼︎ 安定の味だね。台湾人にとってはソウルフードみたいなものだが、いつしか僕にとっても、食べるとほっとする味になっている。

せっかくカミサンも一緒に港のそばまで来たんだし、天気もいいし、食後は海を見ながらお茶とシャレこんだ。検索すると、海の見えるところにスタバあり。船に乗るやつは少ないから、昼飯の喧騒がうそみたいにガラ空きだ(笑)。

オーシャンビューが絶景の2階の特等席から、ふと窓の外を見ると……なんと‼︎ 海賊旗がはためいているじゃないの! ペットボトルの回収船かなにかかな? ドクロのクロスがペットボトルになっていた(笑)。

もちろん僕はそいつを即座に写真に収め、しみじみ思った。

いやー、海賊きてるね、新年早々、幸先いいじゃないか〜〜!

海を眺めながらゆるゆるとコーヒーを飲んでいたら、あっという間に飲み会の時間。「やばい、間に合わん!」とばかりに文字通りすっ飛んで帰り、今度はバスと電車を乗り継いで板橋の居酒屋さんへ。

その夜、僕がいま隊長を務めている雷公隊の前隊長さんが、レジェンドな雷公隊の先輩方に声をかけてくれて、楽しい宴会となった。(注3/11:2018年2月で任期を終え引退しました〜)

しかし、この方々は、本当に自由だわ。好きな酒を自由に飲んで、好きなときにバイクに乗って、気に入らない奴とはつるまない。かといって、気難しいわけじゃなくて、優しい人ばっかりなんだよね。だから僕は居心地がいい。ついつい遅くまでウイスキーやら、高粱酒(コーリャン酒)やらをばかばか飲んで、フラフラしながら帰宅。幸せな一日だったなぁと思いながら眠りにつこうとして、はたと気づいた。あかん! 次の日飛行機に乗らんと。翌朝はギリギリまで寝坊して、二日酔いのおまけ付きで無事に帰り着きましたわ。

台湾で過ごした旧正月はこうして幕を下ろした。2度にわたって旧正月について書き、日本とは一味ちがう正月をお伝えしてきた。これで、おやすみモードも終了。さて、本格始動です! よりよく、より深く、海賊ライフを知っていただき、一人でも多くの仲間を増やしたいと思っています!

 質問を受けつけています! フォームからお気軽にどうぞ!


性別

相談したいお悩みごと


最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!