「やばくなったら前を見る。けど、先は見ていないです」

脇坂知典(わきさか・とものり)さん
大学生のころに自分の進路を考えたとき、「俺が世界を平和にするんだ、世界平和が夢と書いてあったら頭おかしいですよね」と、脇坂知典(わきさか・とものり)さんはなごやかに話はじめた。このあと物腰のやわらかな、その姿からは想像できないような、刺激的な言葉をたくさん聞くことになった。

大学卒業と同時に公認会計士という道を選んだ。とにかく何かスキルを身につけたかった、資格と会計士としての経験がほしくてチャレンジ。はたして一発合格。「一回目で合格できて超ラッキーだった」と、脇坂さんはほがらかに笑う。

会計士としてのキャリアは、仕事がきついと言われている会社に行けば、いろんな仕事をさせてもらえるだろうと、期待に胸をふくらませてトーマツでスタート。海外で働きたかったから英語を使うセクションがいいなと思っていたら、金融と英語という二重苦の世界で希望者が少ない国際金融部という存在を知る。本流の人から見たら、ヤバいところだ。でも「誰かがやってくれるといいなと思うんじゃなくて自分がやる」から、志願した。

 

当初から会計士のキャリアは、5年を一区切りに考えていた。日本の会社でちゃんと働くという自身の目標でもあった。どうせ5年で辞めるなら、ギュッと凝縮した経験を積みたかった。会計士の仕事は意外と楽しかったものの、ずっと続けていく気はなかった。先が見えていることはしたくないからだ。

 

人は見通せることしかできない。見えないからおもしろいのに。そこで、本当に自分がやりたいと思っていることが楽しいかどうか試そうと思い、大学院へ行くことにした。「国際協力をやる人たちは大学院を出ている人が多いらしいぞ」と聞いて。

 

順風満帆の社会人スタートだったが、脇坂さんは心の底に常にくすぶり続けていた「世界を平和にする」という自身のテーマを忘れることはなかった。世間では安定した士業で知られる会計士としてのキャリアもスッパリと捨てて、イギリスの大学院へ留学することにしたのだ。

最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!