1999年に公開されてから何度か観ていた映画『マトリックス』。SFアクションに画期的な手法を採り入れ、あのシビれるような映像を覚えている方も多いだろう。アクション映画としても単純に楽しめるが、見方を変えるといろんなことに気づかされる、お気に入りの映画の一つだ。

これまで僕は、この映画には大きなテーマが二つあると思っていた。僕らが生きているこの世界は結局は大きな力が操るゲームのようなもので、僕らは意思があるようで実は誰かに操られているデジタル信号に過ぎないという、仮想現実のテーマ。もう一つは、映画『インセプション』でもテーマになっていたように、いまこの世界はもしかしたら単なる夢かもしれない……といった人間の潜在意識に焦点が当てられているところだ。そして、今回NLPマスターコースの宿題として改めて観て気がついたのは、人間の内的世界へもう一歩踏み込んだメッセージ。それは、「思考が現実化する」という重要な示唆だ。

 

映画では主人公ネオが生きている現実の世界だと設定されているが、どうもそれは心の世界のメタファーらしい。そしてネオは、首の後ろにプラグがついた向こう側の世界に連れていかれ、そこでさまざまなトレーニングを受ける。それが現実なのか夢の中なのかはさておき、心で強く確信したことがプラグのない世界(マトリックスの世界)で実現する。

 

たとえば、強くイメージするとビルを飛び越えられるようになる。制限的思考を外せと言われ、超人的なスピードで動けるようになり、銃弾を避けられるようになる。スプーンが曲がることや存在するかどうかすらイメージでしかないと言う子供に、思い込みに気づかされたり、一回死んだはずのネオが生き返ることを「強く信じた」トリニティのキスで蘇ったりする。

 

また、ネオが預言者のところに行く場面も興味深い。そこには「己を知れ」という看板が掲げられ、救世主かどうかは自分で決めろとほのめかされる。このときの預言者のセリフを再現してみよう。

救世主であるかどうかは恋と同じで、それは自分にしかわからない。心と体すべてが実感するもの

どうだろう、かなり強いメッセージではないだろうか。他人にはわからなくても自分には痛いほどよくわかる、心と体が「実感」するものなのだと。運命など信じるな、自分が決めるのだと、さらりと言ってくれる。

自分にしかわからない。心と体すべてが実感するもの

ネオは預言者と会う前にモーフィアスに予言は当たるのかと尋ねたが、そのときのモーフィアスの答えもパンチが効いている。

当たりはずれの問題ではない。彼女はガイドだ。君が道を見つけるのを助けるだけだ

結局、最後にネオは自分を信じてめちゃくちゃ強くなり、「救世主」として覚醒するというわけだ。

 

そして、マトリックスとは何なのか? と考えると、どうも現実世界に生きる僕らの心を反映しているようだし、僕らの心を縛る既成概念や価値観にも思えてくる。なぜなら、マトリックスは、いたるところに存在し心が作り出した虚像であること、弁護士や会計士を含め、すべての人はコントロールされていると劇中で描かれているからだ。

 

ならば、何にコントロールされているのか? ネオが最後にコンピュータ相手に宣言しているメッセージに暗示されている。

お前たちは我々を恐れている。変化を恐れている。この電話の後、人々に本当の世界を見せてやる。お前たちが支配しない世界を。どんな規則も束縛もない世界を。すべてが可能な世界を。その先、お前たちはどうする?

どんな規則も束縛もない世界を。すべてが可能な世界を

これは、明らかに心を縛る思い込み、既成概念、常識なるものや古い価値観への挑戦で、すべての人の心を思いっきり解き放ち、その力を信じて自由になるべきだという強烈なメッセージじゃないか‼︎ 僕が提唱している海賊ライフの考え方にも通じるものがありますな〜。いやー、気づきませんでしたわ! そう思って、もう一度ネオが目覚める前にモーフィアスが言った一言を思い出すと、さらにジワジワくる。「君は、君の心の囚人(You are the prison of your mind)

なかなか楽しかった! 次に観たときに何を感じるだろう? そう考えるとまた楽しみだ。

 

 質問を受けつけています! フォームからお気軽にどうぞ!


性別

相談したいお悩みごと


最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!