やらなくてすむなら、やらなければいい。やりたいことがあるなら、やってみたらいい。
やらずに後悔するくらいなら、結果なんかどうだって、やらずには、いられないんだから……。

 

人は思った以上に自由に生きられる。それも計り知れないほど自由に。

 

20代後半から中華圏を駆けまわり、ビジネスマンを演じることに飽きて、50歳で会社を辞めた。
日本に戻ってきて驚いたのは価値観の押しつけの凄まじさ。
それは「常識」という名のもとに氾濫していた。

みんな、その「価値観」に苦しめられている気がした。
その「価値観」って、人が作り上げたものだよね。
その「価値観」はやっかいなことに「常識」という皮をかぶってくる。
その「常識=人の価値観」に縛られていることに気づいていないのか?

 

人ってホントはもっと個性的で自由なはずだろう。

人目を気にせず、もっと勝手に、テキトーに生きることができたら、誰でも幸せなはずだ。

ほんとうはあなたもそう思っているんだろう?

 

考えてみてほしい。
あなたがほんとうにやりたいことはなにか?
どんなことに心が響くのか?
今この瞬間をあなたはどう生きるか?
時間、空間、心の自由……あなたは何をもっているのか?
「今この瞬間」を自由に生きる海賊ライフがいまなぜ必要なのか?
とはいえ、メシと酒がなければ、海賊稼業もあがったり。
人はどうやったら食っていけるのか?

 

簡単にできるとは思わないでほしい。

 

僕は「海賊」であることを自分の価値観のコアに据えている。
幸運にも、僕はまさに「今」を感じている。僕が「海賊」であることによって、
まわりもどんどん動いていく。
きっと思ったことをまっすぐにやることに、何かの大きな力があるのだと思う。

 

海賊とは−−自分の価値観に100%寄り添って好き勝手に生きる人。

あなたはいったいどんな海賊なのか?

 

江尻裕一("海賊育成コーチ")


								
最新記事をメールで購読しよう!

メールアドレスをご記入いただけると、最新情報をメールでお知らせします

海賊ライフのFacebookをフォローしてワクワクする毎日を過ごそう!

按讚給海盜人生FB,過很快樂的日子吧!

Twitterでも楽しいニュースが届くよ!